地域からの声

  1. ホーム
  2. 地域からの声
  3. 資源循環への基盤作り
  4. 子供に言われるとお母さんも面倒くさいって言えなくなるんです

子供に言われるとお母さんも面倒くさいって言えなくなるんです

資源循環への基盤作り南三陸南三陸BIO

戸倉保育所 所長 佐々木 美香さん

多くの漁村を抱える戸倉地区(旧戸倉町)の高台にある戸倉保育所では、毎日の給食の後に子供たちが残飯の分別を実施している。保育所で分別をすることで意識が変わり、父母や祖父母の仕事に興味を持つようになる子供が増えているという。保育所長の佐々木美香さんが、子供たちの変化を次のように語る。
※(本記事は2017年12月8日に発行した電子書籍「バケツ一杯からの革命」からの抜粋記事です。写真は2017年12月、いつも分別回収に協力してくれている戸倉保育所にアミタ有志一同から御礼のメダルを贈呈した際に、撮影したアミタ社員と園児との記念写真。)


3歳の子でも悩みながら、ごみを分けるようになりました。


(写真:園児が給食後に分別する様子。)

(写真:園児が給食後に分別する様子。)

佐々木さん:「漁師の子が多いので、さかなの骨はどっち? とか、ホタテのからはどっち? と、給食に出ないものの分別方法を保育所で先生に尋ねてくるんですよ。分別を通じて家庭の仕事や地域の産業に関心が広がっていったことが大きな成果だと思いますね。」


児童たちへの最初の動機付けは、やはり工藤真弓さんの紙芝居教室だ。実物の野菜くずを示しながら創作キャラクターの言葉で資源循環の意味やメタン発酵のしくみを紹介する紙芝居は年端もいかない児童らにもすぐに受け入れられ、その日の給食から分別に取り組むことができたという。


(写真:園児たちへの紙芝居教室。未来の瞳が育まれている。語り手は工藤真弓さん)

(写真:園児たちへの紙芝居教室。未来の瞳が育まれている。語り手は工藤真弓さん)

佐々木さん:「3歳の子でも悩みながら、ごみを分けるようになりました。イチゴのへたを生ごみに分けるときは自信たっぷりの笑顔になってねぇ(笑)。」

初めての分別にチャレンジする児童の様子を、相好を崩して語る佐々木さん。小さな「できた」が自信につながる原体験となり、やがては循環型社会の一員としての自覚に結び付いていくことだろう。

佐々木さん:「おうちでも台所のお母さんにへばりついて、ニンジンのへたを拾い上げて『お母さん、違うのに入れた』と訴えたりするそうです。子供に言われるとお母さんも面倒くさいって言えなくなるんですよ。」



繰り返しやることで、地域の習慣として定着していくと思います


保育参観の日には工藤さんが同じ主婦の目線から分別方法を母親たちに分りやすく説明し 率直な意見交換も行われるという。若いお母さんはすぐに理解して分別するようになるが、同居するおばあちゃんには「年寄りには説明しても分らないから」と諦めがちだったそうだ。

佐々木さん:「だからおばあちゃんたちへの説明会も別に開いたんです。『おばあちゃんには無理だと言ってたけどね~』と言うと、『んなことねー、できるわ』とやる気を出してもらえましたね。」

こうした説明の機会は一回限りではなく、繰り返し実施することが必要だと佐々木所長は語る。

佐々木さん:「津波から逃げる避難訓練は毎月あります。ごみの分別回収の説明会も1年に一回ぐらいは繰り返しやることで、地域の習慣として定着していくと思いますね。」

児童から父母、そして祖父母へと分別回収の仕組みを伝えるための情報ステーションとして、地域の保育所や幼稚園が重要な役割を果たしている。


まずはご意見交換からでも!ご依頼・ご相談をお待ちしています。

アミタは南三陸町のような住民主体の循環型の街づくりを官民連携で全国に展開したいと考えています。本取り組みに興味を持たれた市町村職員の方、企業の方がいらっしゃいましたら、まずは御依頼・ご相談窓口にご連絡ください

お問い合わせ先:http://www.aise.jp/contact/consul.html

■特にこのような方からのお問い合わせをお待ちしています。
・官民連携の地域づくりにご興味のある自治体首長・職員の方
 例:企画課、まちづくり課、官民連携担当、産業振興課、商工観光課、農林水産課、
   環境政策課、環境対策課
・企業の経営戦略や事業開発、オープンイノベーションを担当されている方

無料電子書籍「バケツ一杯からの革命」


無料電子書籍「バケツ一杯からの革命」

無料電子書籍「バケツ一杯からの革命」

この取材を含む南三陸の取り組みは電子書籍にてご覧いただけます。ぜひダウンロードして、ご覧ください。 ダウンロードページ

財源不足・過疎・コミュニティ崩壊など、日本の地域は様々な課題に直面しています。本書は、これらの課題を事業でどう解決すべきかと、持続可能な社会のあり方に関する構想を描いた書籍です。
地方創生や地域活性化に関わる官庁・自治体・企業経営者、住民の方々にとってのヒントが満載です。ぜひご覧ください。


動画 いのちめぐる〜紙芝居〜



プロフィール


佐々木美香さん

佐々木 美香(ささき みか)さん
南三陸町立戸倉保育所所長


南三陸町志津川出身。旧志津川町に保育士として勤務開始。
縁あって戸倉地区に嫁ぐ。震災後、登米市佐沼に移り住むも戸倉高台に再建された戸倉保育所にて所長として在籍。現在も保育所と戸倉地区の方々とのコミュニティー作りに取り組み日々、明るい笑顔とバイタリティ溢れる保育を展開している。


資源循環の基盤づくり


バイオガスプラント 南三陸BIO


南三陸町バイオマス産業都市構想


一覧へ戻る